2015年2月4日水曜日

【FF】メインクエスト『猛る焔神イフリート』クリアした



久しぶりに新生エオルゼアのプレイに関する記事投稿です。



14日のフリートライアル期間が終了し、製品版購入という名の課金(約4000円也)に躊躇していたブログ主ですが、結局ストーリーの続きが気になるので、えいやっ!と課金し正式サービスに移行しました。


はりきってプレイを再開したのも束の間、ある大問題に直面してしまいました。


その大問題はとは、3D酔いです。゚(゚´ω`゚)゚。


これまで真・女神転生IMAGINE、ファンタシースターオンライン2と、同種の3Dゲームをプレイ経験がありますが3D酔いをするのは初めてです。


実は正式サービスに移行後に突然発症したわけではなく、フリートライアル期間中から発症していたのですがトライアル期間が終了し、すっかり忘れていました(汗)


原因はよくわかりませんが、新生エオルゼアはは風景等の描画が細かくリアリティが高い分、症状が出やすいように感じます。


ちなみに3D酔いが発祥しやすい状況がWikipediaに書いてありましたので引用します。


発生しやすいプレイ環境下
周りが暗い(室内照明が不十分)
長時間プレイによる疲れ
液晶テレビなどに見られる残像
画面が小さすぎる(注視する必要がある)もしくは大きすぎる(視界を占有する為錯覚し易い)
視界が悪い (天井が低い、上の視界を遮る物がある場合)
動きが激しい(特に上下動が大きいと問題が起き易い)
カメラの動きが激しい
3Dモデリングが歪んでいる
そのゲームの操作やシステムに慣れられず、思った方向に正確にキャラクターを動かせない
カメラ(視点)がいきなり意図しない方向にパン・ズームした
主人公見下ろし型のゲームの場合、主人公がプレイヤーの意図する方向と、違う方向に移動してしまった。プレイヤーが向きたい方向に主人公が向かなかった
主人公の移動速度が意図した速度と違う場合
他人のプレイを観ている場合


ブログ主に当てはまる項目は2点。確かに周囲が暗い状態でプレイしていることが多いと思います。キャラクターのスケールが大きいとそれだけ画面の動きが激しくなるため、なるべくズームアウトをし、またモニターから距離を取ることで多少、症状が緩和されるように感じます。


とはいえ長時間(30分以上)プレイすると、気持ちが悪くなるため無理しないように短時間のプレイにとどめています。



そんなチョコチョコプレイでも、地道にメインクエストを進めレベルは22に到達、また第一目標であるグランドカンパニーの解放まであと一歩というところまで進行しました。





グランドカンパニーを解放するために、メインクエスト『猛る焔神イフリート』をクリアしなくてはなりません。東ザナラーンの向い目的地に到達したら、コンテンツファインダーから『イフリート討伐戦』を選びマッチングが完了すればクエストスタートです。



どの程度の難易度かというと『イフリート討伐戦』に登場するモンスターは蛮神イフリート一体のみです。ブログ主は初心者にも関わらず野良パーティーでタンクをやらなくてはならないため、事前に攻略情報に目を通し、予習をしてから挑みましたが、あっさりとクリア。心配するほど苦戦す要素は感じられませんでした。


案ずるよりは産むがやすしですので、まずはやってみて失敗するようなら対策を考えればよいのかもしれません。


タンクをやる場合は、範囲攻撃を避けながらヘイト稼ぎのフラッシュとシールドバッシュ(スタンのバステ)を重点的に行うのがよさそうです。



【新生FF14】Lv20イフリート討伐戦【盾視点】





なお、イフリート討伐戦はメインクエストに組み込まれているため、クエスト開始前とクリア後にムービーが流れますが、クリア後のムービーを眺めていたら、パーティーメンバーが誰もいなくなってしまい、挨拶することが出来ませんでした(´・ω・`)


ムービーをスキップすることも可能ですが、ストーリーの一部ですので見逃したくありません。ただ一度だけのことですが、この仕様はどうにかならないものかと思いました。