2015年2月3日火曜日

【アニメ】SHIROBAKO 庵野監督と板野サーカス




久しぶりにエヴァンゲリオンのニュースを見つけました。


エヴァンゲリオン : 別世界に謎の“無号機” 荒牧伸志監督が新映像

6日にウェブ配信されるアニメ「evangelion:Another Impact(Confidential)」(荒牧伸志監督)に、人型兵器・エヴァンゲリオンの“無号機”が登場することが分かった。
(http://mantan-web.jp/2015/02/03/20150203dog00m200006000c.html)



エヴァンゲリオンといえば、SHIROBAKOの第12話に庵野監督にそっくりなキャラクターが登場していたことを想い出しました。本物の庵野監督がどのような容貌なのかもよく知らなかったので、この機会にアニメと本物の容貌を比較してみることにしました。



庵野 秀明(あんの ひであき)

映画監督
庵野 秀明は、日本の映画監督、アニメーター。株式会社カラー代表取締役社長。山口県宇部市出身。山口県立宇部高等学校卒業、大阪芸術大学芸術学部映像計画学科退学。血液型はA型。妻は漫画家の安野モヨコ。 ウィキペディア
生年月日: 1960年5月22日 (54歳)
生まれ: 日本 山口県 宇部市
身長: 155 cm
配偶者: 安野モヨコ (2002年から)
学歴: 大阪芸術大学






こちらはSHIROBAKO第5話に登場する菅野監督



アニメのキャラはややふっくらした印象がありますが、写真と比較すると完全に一致しています。色々なアニメ作品のパロディーが多数登場する本作品ですが、本人に許可を取っているのかとても気になるところです。



そうえいば、板野サーカスで有名な板野一郎さんも第5話に登場していることを思い出しました。


板野 一郎(いたの いちろう

板野 一郎(いたの いちろう、1959年3月11日 - )は、神奈川県横浜市出身の演出家、アニメーター。グラフィニカ所属。

板野一郎が演出する立体的超高速戦闘アクション、または、その特徴を踏襲したアクションシーンを指す。『イデオン』の演出がアニメ業界で話題を呼び、メカの軽快な動きをサーカスの空中曲芸に喩えてこう呼ぶようになった。(Wikipedia)





SHIROBAKO第5話に登場するアニメーター 北野三郎



こちらは若い時のお姿なのでしょうか?。庵野さんに比べると相関性がやや低めですが、モデルになっていることは間違いところでしょう。こちらも許可を取られているのかとても気になります。



『アニメーション制作の今がここにある』がキャッチフレーズのSHIROBAKOですが、昔のアニメの知識も学ぶことが出来る一粒で二度美味しい娯楽作品となっています。