2015年3月19日木曜日

【ローリング☆ガールズ】#10「NO NO NO」 名余竹ムーンライト輝夜の戦闘シーンにクリエイターの本気を見た







回を重ねるごとに面白さが増して行くローリング☆ガールズ。#9の展開を受けで#10では、とうとう所沢大統領が宇宙人だったとの、とんでもエピソードまで飛び出す始末。





また広島と岡山と2つの舞台でエピソードが同時に進行するというボリューム感溢れる展開も見せています。





あまりにも破天荒な展開ですが、残るエピソードは残り僅か2話。
一体どんな結末を向えるのかハラハラドキドキしてしまいます。





鬼が支配する国・岡山。そう呼ばれる理由は、国家自警団「岡山デモンズ」団長・九鬼温羅が民に課している桁外れな重税だった。 
伝説の剣豪・藤原春の一人娘・藤原桃は、決起したいがモサのいない桃農家自警団「美作ピーチ」に参加し、皆のために温羅を倒すことを誓う。 
広島では、国家自警団の免状を奪おうと「石作ストーンズ」が輝夜の店を襲撃。そんな中、望未たちはなんやかんやでバラバラになっていた!



第10話アイキャッチ





所沢大統領と娘の千綾が乗船していた宇宙船








#10で印象に残ったシーンの一つ目は、ゆきっぺが音無ゆかりと遭遇するシーン





広島の石作ストーンズに捕えられた北多摩デンジャーズ作戦参謀の音無ゆかりと目があいますが、「悪いことをして捕まったんですね」と一瞥のみ、見て見ぬふりをして通り過ぎる天然ボケ炸裂の安定のマイペースキャラユキッペに、くすりと笑ってしまいました。



























また#10の最大の見どころは、名余竹ムーンライトのお嬢こと輝夜と免状を奪いに来た石作ストーンズの戦闘シーンです。



























































他を威圧するほど緊張感のある咆哮、重力を感じさせる重みのある床への踏み込み、空気との激しい摩擦音すら感じさせる、しなる竹のモーション、腰のはいった動作、息をもつかせぬスピーディーな連続動作から繰り出す攻撃で、石作ストーンズのモブをあっというまになぎ倒してしまう動画は圧巻の一言。



怒りと憤りが画面からひしひしと伝わってきます。声優さんの演技も見逃せないポイントですね。









キュートな女性キャラクターが多数登場しカラフルでポップでどちらかというとソフトな作風に似合わず、超がつくほどの本格的なキレッキレッのアニメーションにクリエイターの本気を見た思いがします。





モブの少女たちを主人公としながら、47都道府県を「月明かりの石」と求めながら平和請負人として行脚する青春ロードムービーである本作品。





これまでの、ほんわりとした雰囲気にピリッとしたメリハリを注入する戦闘シーンですが、よくよく考えてみれば所沢のマッチャグリーンこと宇徳真茶未と東村山の執行玖仁子のモサ同士の大迫力バトルからこの物語はスタートしていたことを、今更ながら想い出しました。





残念ながらキャプチャーした静止画では動画の迫力が全く伝わりません。放送を見逃したかたは、一週間限定でニコニコ動画で配信中ですので、是非ともご覧ください。








ローリング☆ガールズは、とにかく丁寧な作画とシナリオと見応えのある動画で視聴者を楽しませてくれる作品。沢山ある2015年春アニメの中でも指折りの良作の1つではないかと思います。