2015年3月6日金曜日

『劇場版 シドニアの騎士』主題歌「愛、ひと欠片」アニメミュージックビデオ







毎シーズンごとに50本メ以上のTVアニメ作品が制作されていると云われています。一口にアニメといってもラブコメ、日常系、ファンタジーなど多数のジャンルがありますが、その中でも確固たるジャンルの一角を成すロボットアニメ。

国産第一号のTVアニメーション作品も「鉄腕アトム」(手塚治虫原作)であることからもジャパニメーションを語る上で外せないジャンルです。

鉄人28号やマジンガーZなどの巨大ロボットアニメを経て1980年代に登場し現在に至るも根強い人気を誇る「機動戦士ガンダム」の登場で、ロボットアニメは、単なるロボットバトルから戦争を通し登場人物の内面を描くなどシナリオや詳細な設定が重視される方向性に大きくシフトしました。また1990年代半ばに登場した「新世紀エヴァンゲリオン」は社会現象と云われるまでのブームを引き起こしました。



2000年代には「蒼穹のファフナー」など、さらに人間模様を深く描いたドラマチックな作品も登場。

このように今日まで数多く制作されているロボットアニメ。この中でもブログ主がファフナーと同等以上に高く評価している作品が2014年4月に放送されたに二瓶勉原作、ポリゴン・ピクチュアズ社制作の『シドニアの騎士』です。

「蒼い鋼のアルペジオ」同様にフルCGで描かれる映像は独特の映像美とリアリティがあり、人類が生存をかけて未知のエネミー奇居子(ガウナ)と戦うストーリーは、SFモノとしても秀逸で病みつきになる面白さがあります。また陰影に独特の深みのある映像、SFモノでありながらも妙に昭和テイスト溢れる世界観やシナリオ同様に厚みのある効果音も視聴者から高い評価を得ています。

第一シーズン放送時から熱い注目を集めたシドニアは、最終回で続く第二シーズンの放送も予告。

2015年春放送予定の第二シーズンの放送に先駆けて、3月8日より第一シーズンを再構成した総集編が2週間限定で劇場公開中です。

この劇場公開を記念し、第一シーズンでもオープニングテーマ『シドニア』を担当したangelaが歌う主題歌「愛、ひと欠片」のオリジナル・アニメミュージックビデオも公開されており、戦闘シーンを思い描く第一シーズンのオープニングテーマとは異なる、しっとりとしたバラード調の楽曲となっています。


https://www.youtube.com/watch?v=g1vkIGbGBWUより抜粋

『劇場版 シドニアの騎士』主題歌「愛、ひと欠片」アニメミュージックビデオ



■物語

太陽系滅亡から千年―。地下から現れた少年に、人類の希望が託された。
対話不能の異生物・奇居子(ガウナ)に太陽系を破壊されて千年。脱出した人類の一部は、巨大な宇宙船シドニアで、繁殖しながら宇宙を旅していた。生まれてから地下でひっそりと暮らしていた少年・谷風長道(たにかぜながて)は、衛人(モリト)と呼ばれる大型兵器の訓練生となり、歴史的名機・継衛(ツグモリ)の操縦士となる。長道が初めて異性を意識した少女、星白閑(ほしじろしずか)。初めて友達となった男でも女でもない人間、科戸瀬(しなとせ)イザナ。長道の能力に嫉妬を覚える岐神海苔夫(くなとのりお)。寮を取り仕切るクマ型の寮母、ヒ山ララァ。宇宙船シドニア における“日常”の生活―恋、喧嘩、仲間との会話は明日も続くはずだった。再び奇居子(ガウナ)が現れるまでは…。百年ぶりとなる脅威との遭遇に、人類は、長道は、何を選択するのか? 人類の存亡をかけた戦いが今、始まる―。